/ / / / /

同じ気温でも、風が吹いた場合と吹かない場合では感じられる体感温度が違います。
また湿度が低い方が涼しく感じられる。
エアコンに頼らずとも、工夫を凝らせば涼しさを得られるのではないでしょうか。
家は土地がなければ建ちませんが、その土地には同じものはありません。
方角、風の向きなどを理解した上で、最大限に光や風など自然の力を採り入れられる設計をすれば、快適な家になります。
これをパッシブデザインと呼びます。
先人達は理に敵った家づくりを行ってきました。
現代で空気の流れを作り出すのに欠かせないものが自然素材なのです。







フローリングに、蓋つきの箱を取り付けて、開閉ができるようにし、基礎を流れる涼しい空気を室内に取り込む仕組みです。
長期の外出時など、窓が開けておけない時なんかもこれらを開けておけば空気が流れるのでとても便利。
夏の日中出かけていて、帰ってきた時のむあっとした不快感が低減されます。
冬はふたを閉めておきます。



 

家族の団らんの場となるリビングを中心に、縦にも横にも空間に広がりがあり、各生活空間につながりを持たせた間取りとすることを目標とします。
家族が一緒に過ごす時間が自然に増え、また家族それぞれがプライベートな時間を過ごす時にはさりげなく家族の気配が感じられるはずです。





食器棚や洗面台、本棚、下駄箱…たくさんの家具が家の中に置かれていることと思います。
既製品の家具を買うのもいいですが、西渕工務店でオーダーメイドしてみませんか。
家具に使われているノリは化学物質が多く含まれていることが多く、家を自然素材でつくっても、家具から発せられる物質
によってシックハウス症候群を発症することも。
お手持の家電製品に合わせた素敵な家具をつくってみませんか?




長期優良住宅とは、ストック社会を実現するために政府が進めている政策による住宅です。
リフォームしやすく、修繕しやすく、地震に強く、省エネ性のあることなどが挙げられます。
市町村にて、認定を受けた住宅のことを言い、「住宅性能表示」の中の劣化対策等級、断熱等級、耐震等級など、ある一定の基準をクリアする必要があります。
西渕工務店では、合板を使わない『チルチン仕様』で長期優良住宅の建築が可能です。

長期優良住宅施工記録