/ / / / /

自然のものは、工業製品と違い、人間と同じでひとつひとつ個性のあるものです。
その性質を見極めて、「あらわし」など素材の美しさを最大限に活かす為には人の“目”と“手”がなくてはならないもの。
西渕工務店の宝、それは技術のある大工はじめ職人たちです。


今、家づくりの現場では構造躯体を工場に発注し、現場に届けて上棟をしていく方法が一般的となってしまいました。
自社で加工場を持っていない工務店も多くあると聞きます。
しかしながら、大工が木材を一本一本その眼で確かめて、ふさわしい場所へ配置すること。
その曲がりや捩れ、反りなどを適宜判断して、使うこと。
それらが重要であると考えます。
西渕工務店ではすべての木材を一度、内子町にある木材加工場へ搬入します。
一軒分の木材を手刻み、機械加工とそれぞれ行っていくのです。

画像クリックで、拡大画像が表示されます。
大工が、鑿(のみ)と金槌を使い木材を刻んでいく方法。 機械では不可能な複雑な加工ができます。 複雑ということはすなわち、木材が強く結合されるということ。
手刻み


機械加工
すべての木材を手で刻むと時間と手間が掛かるため、コストが上がってしまいます。
西渕工務店では自社加工場内にてほぞ取りや蟻掛け・鎌継ぎなどを機械を使って加工することができます。

機械加工
構造材のほかにもたくさんの木材が使われます。
木格子、造作家具、階段板、木塀などなど…。
木材の在庫をたくさんストックしていますので、それらを
必要なもの、乾いた順から使えるので、様々なニーズに
対応できます。
造作材の加工を行う基地みたいな感じです。

様々な木材の原板が工場に入ってきますが、これらの幅を切ったり、薄く削ったりする機械があります。
無垢のフローリングも、原板から購入してそれらを自社で加工することが可能です。
トレーサビリティが明確ですし、安価に無垢のフローリングを提供することができます。

 





大工の技があってはじめて生まれる、あらわしの美。