トップページ>>施工中物件>>潮彩馨るどんぐりの家
 


1月吉日、『潮彩馨るどんぐりの家』の上棟の日を迎えました。
寒いけど、がんばっていこうということで作業開始です。
柱を立てて、その次に通し柱を立てていきます。
通し柱は一階から二階まで通っている柱のこと。
そこに胴差が取り付けられていきます。
通し柱に掘られた穴から奥の胴差が飛び出てきていますが、手前からも同じように胴差が取りつきます。
高さを変えて納めることでがっちりと組み合わさりここに更に木製の釘(込み栓)を打ち込んでいきます。
通し柱と胴差を納めつつ、管柱にも胴差を納めていきます。
「こっち一回浮かせて」とか「こっちから叩け」とか言っている、はず。
みんなで声を掛け合いながら行います。

胴差が納まり、建物の外周が出現。
中央にも桁が一本通りました。

どんどん梁や桁、頭繋ぎを納めていきます。
だいぶ家全体が固まりました。
家の外では木材をレッカーで吊るために、作業が行われています。
長い材料はここで繋いでおきます。
二階の床下地を貼って、続いて二階の柱を立てていきました。
南側は吹抜けとなっています。
水平でなく屋根勾配なりに梁を掛ける「登り梁」を納めていきます。
化粧としてあらわしとなります。なので緑のスポンジで養生してあります。
二本目。
二階の柱に向かって納めていくので、”あて木”をかませて掛矢で叩きます。
そして、遂に棟納めの瞬間です!
「よいよい」という掛け声と共にみんなで棟木を納めました!上棟の瞬間です。
時間が経つにつれて晴れ間が見えてきていました。
棟を納めた後は屋根材をとりつけていき、ブルーシートで家全体を覆い、本日の作業は終了です。
夕方、上棟式を行いました。
ご家族、ご親族様と一緒に工務店一同上棟の喜びを分かち合いました。
竣工へ向け、現場での作業が主となっていきます。
工事の無事や安全、新しい暮らしへの願いを込めて、一日の終わりとしました。
お施主様あたたかいお心づくしありがとうございました。
また誠におめでとうございます!
スタッフ一同心よりお祝い申し上げます。