トップページ>>施工中物件>>光と風が遊ぶ家
 


6月吉日、上棟を目指し、構造躯体を組み合わせていく建前が行われました。

最初に施主様と弊社スタッフ・大工さんで挨拶が交わされました。

独立基礎と柱の足元の束石を連結するためホールダウン金物を取り付けているところです。

まずは、柱を立てていきます。建物の角などに設ける通し柱は、1階の足元の土台と小屋部の桁組みまで延びており、二階床組みとなる胴差しをも躯体により木組みで一体化させます。

胴差しが差し付けられ、大工さんによって一斉に落とし込まれました。

前もって立て掛けられた複数の柱に敷梁を落とし込みます。

開放的なリビングでの広いスパンの大きな化粧材は、クレーンで吊り上げられて、大工さんの手で慎重に収められます。

建前までには加工場で大工さんが材料に墨付けを行い、刻み込み、現場で確実に材料を収めていきます。

加工場時の墨付け段階で、すでに建てていく順番が決められていますので、間違わないよう、片方の胴差しを収めてから、更に、片方の胴差しを納めていきます。

化粧柱を立て掛け、敷梁を納めています。

胴差しの横手方向のホソと柱の頭の縦方向のホソを同時に差し付けていくのは一番、大変な作業となります。

大工さんたちは、この作業時にはいつも四苦八苦してしまいます。真ん中に横たわっているのは、順に立てられていく独立基礎に建つ柱です。

四方の胴差しが通り柱に差し付けられると、躯体が安定するので、どんどん梁を納めていきます。

玄関の上の間仕切壁を示す頭つなぎを落とし込んでいるところです。

大工さん達が持っている木で出来ているハンマーのようなものは「掛矢」と言い、主に、上棟時の構造躯体の組み合わせ時に活躍します。

材料には名付けが行われており、確認しながら、刻み込まれた部分同士を噛み合わせていきます。

遠くから見るとこんな感じです。まだまだこれから。

胴差し部分が組み上がると、足元に道板などを敷きこみ、作業をし易くし、2階の柱が立てられていきます。

桁組を合わせていきます。小屋組み部を合わせる頃になると、足場の上からはみかん畑が見え、眺めが良くなりました。

小屋組みの横架材が組まれていき、3方が納まりました。

そして、その桁材に敷梁を落とし込み、更に、梁材を噛み合わせます。 

登り梁を落とし込んでいるのですが、材は斜めに、アリは垂直に落とし込まないと、収まらないため、慎重に進められます。 

小屋組みの桁や梁もすべて納まり・・・

順に、小屋組の束を立てて、小屋裏となる甲乙部分を組み上げていきます。

棟を納める前に、棟木が収まる束ホソ部分に、お神酒を掛けてお清めをします。

施主様に建物のてっぺんに上っていただき、掛矢を持って、大工さんと一緒に棟木を納めていただきました。

無事、棟木が納まり、上棟となりました。・・・ということで、施主様と棟梁の福ちゃんを始め、大工さんたちが一緒に記念撮影。

雲一つなく、晴天の中、上棟となり、順に、建物を垂直にするナビキ起こしを行います。

本日の作業が終わり、上棟式が執り行われました。

最後にみんなで乾杯です。この度は誠におめでとうございました。