トップページ>>施工中物件>>稲生りの家


八月吉日、伊予市稲荷の『稲生りの家』の建前が行われました。
この日は、天気もよく青空が広がる建前日和となり、施主さまと大工さんたちの顔合わせの挨拶が行われました。
挨拶も終わり、いよいよ建前開始です。
 
クレーンで運んでいる材は、この家の顔ともなる通しの大黒柱です。
柱を建てながら同時に貫板が入れ込まれていくのですが、この貫板があることで、差し付け箇所が増えることもあり、通し柱(大黒柱)と胴差し部分の継ぎ手を収めることがし難くなります。         
柱を建て終えると梁(横架材)を掛けていきます。
大黒柱に次々と梁を差し込んでいきます。
台持ち継ぎは、丸みのある長い杉材を組み合わせることで、一本の長い化粧・あらわし材となります。
化粧で見えてくる面積が大きいため、傷つけないよう慎重にゆっくりと柱へと差し込み…
傷つけないようアテ材を用い、掛矢で材を納めていきます。
勾配天井の見所ともいえる、丸太梁。
二本、三本と複数の繋ぎ合わせ、一本の構造材を作るため、シャチ栓継ぎが用いられ、栓を打ち込んでいるところ。
そして長い一本の敷梁に。
それをクレーンで持ち上げ、柱に落し込んでいきます。
一方、上では…
二階部分の柱を建て、次の段取りをどうしていくかを確認していました。
桁材を納める際には、追っ掛け継ぎのメン(女)材の方が先に納められ、続いて、オン(男)材の方を落とし込んでいきます。
どんどん梁材を掛けていきます。
大きな丸太とその丸太を受ける敷梁を十字に噛ますことで、荷重に耐えるだけではなく、ぶれることの無いしっかりとした構造躯体が出来上がっていきます。
そして、大屋根の下の大きな部分を支える二本の丸太材は、台持ち継ぎを予め、組んでいきます。
大きな丸太とその丸太を受ける敷梁を十字に噛ますことで、荷重に耐えるだけではなく、ぶれることの無いしっかりとした構造躯体が出来上がっていきます。
丸太が納められると、順に小屋束が建てられていき、上棟の瞬間が少しづつ、近づこうとしていました。
そして…施主さまに力強く棟木を納めて頂きました。
棟も無事あがり、上棟式へ。
上棟式が執り行われ、お札とお供え物をお飾りして、神様へ無事上棟となった報告とこれからの工事が安全に進んでいくお祈りをしました。
最後に記念撮影をおこないました。
ただ、人と人との偶然の『出会い』と些細な『ご縁』から始まり、今日の『上棟』という日を迎え、
つくり手と住まい手、お互いが心を一つにして、これからカタチとなり、心の和む家づくりになっていくのでしょう。


本日は誠におめでとうございます。
スタッフ一同心からお祝い申し上げます。