トップページ>>施工中物件>>萱町の家
 


道路から建物へ視界を遮るための木塀を作成するために単独基礎が据えられて、そこに柱が立てられました。
レベルと垂直が確認されながらその作業は進められていきます。

元々この敷地内に在った井戸を建物の隅へと場所を移動させ、そこから井戸水を引き上げて外部の水槽へ引っ張るための配管工事が行われていました。
 大工さんたちによって厚めの綺麗な無垢板が等間隔に並べて打ち付けられ、この建物に似合う穏やかで心の和む外観が出来上がっていきました。