トップページ>>施工中物件>>萱町の家
 


軒天化粧材と屋根下地の兼用材となる杉の厚板が張られて、通気層を確保するための通気胴縁が等間隔に取り付けられました。 

下地板が張られると、その上に防水シートを軒先側から横方向に張り、重ねしろをしっかりと取って順に上へと張り上げていきました。
 大屋根部分には屋根の仕上げ材となるガルバニウム鋼板を縦葺きとし、東側の下屋であり、道路側からの顔となる屋根部分には段葺きとしたガルバニウム鋼板が張られました。