トップページ>>施工中物件>>南風爽やかな元気の出る家
 


前日の天気予報では雨でしたが、当日は曇りでした。あやしい天候とは裏腹に…和やかな雰囲気の中、 施主様と大工さんの挨拶が交わされ、施主様への祝辞と工事の安全を願いました。

ある程度組まれた柱、桁をレッカーにて吊り上げられ、順序良く組み立てていきます。

大黒柱にあらかじめホゾが付けられ、しっかりと胴差しが差しつけられました。

その様子を足場越しに遠くから、施主様が見守られていました。

その横では…次に運ぶ材料の段取りをして、レッカーに吊るす作業をしています。

レッカーで運ばれた通し柱や桁、胴差しの材が差しつけられています。

1階部分の高基礎になっている土台に柱を建てているところです。

長い桁(胴差し)を使うので、桁を合わせる際には慎重にホゾなどの確認を行いながら組まれていきます。

2階のウッドデッキ部分が差しつけられている様子です。

2階部分の貫が入れられています。今回の建て方も貫板を入れ込みながらのやり方で行われていきます。

2階の柱、桁が入り、建物の形が出来てきました。2階桁の上に立っている大工さんを見た施主様は、落ちないか心配されていました。

小屋梁がレッカーで運ばれ、いよいよ上棟も終盤へ…

いよいよ、棟納めです。施主様には一番高い場所まで上がっていただき、棟を納めていただきました。

上棟は無事終わり、最後に施主様と大工さんが一緒に建物をバックに記念撮影をしました。