トップページ>>施工中物件>>思いやりの家
 


8月吉日、朝から太陽が照り付ける真夏の上棟が始まります!
前日までに木材を運んでおいて、ブルーシートをかぶせておきましたが、それらをはいで、準備万端です。

熱中症には気を付けて、水分をこまめに摂りながらの一日となります。
1階の柱をみんなで建てていくことから始めます。
2人1組で、柱を立てて支える人と引っ張り掛矢で叩く人にわかれて納めていきました。
柱の四隅など大事な部分には、1階と2階までを貫く一本の柱「通し柱」を用います。
通し柱に桁や梁を納めていきます。
順序と段取り、そして大工さんたちの連携が重要です。
同一方向に木材を繋いでいる部分を「継手」といいます。
こちらの継手の加工方法は鎌継ぎと呼ばれています。
上部にちょっと複雑な形の「けら首」があって、上部から落とし込んで抜けないような形をしていて、下部は左右にねじれが起こらないように写真のように加工して噛み合わせているんだそうです。
先人たちの知恵が詰まっています。
1階の梁・桁が組み上がると、2階の柱を立てていきました。
その上に軒桁・梁を納めていきます。
桁を二重に重ねています。
西渕の大工さんは荷持ちと呼んでいて、柱間が開く場合などに補強の意味合いで入れるときがあります。
更にその上に小屋組をつくっていきます。
地上であらかじめ組んでおいたものをクレーンで吊って、その場所に一気に納めました。
小屋束、小屋梁など、がっちりと組んでいきます。
そして、待ちに待った棟納めの瞬間がやってきました!
いかにも夏空といった感じの入道雲を背景に、みんな笑顔で棟を納めました!
夕方には神事とお餅まきを行いました。
上棟の喜びを地域の方々とも分かち合いました。
一日の終わりに記念撮影を行いました。
二世代の家族が住まれるこちらの『思いやりの家』。

新しい暮らし、新しい家族。
完成後の新しい生活に思いを馳せる工事中の期間は大変なこともたくさんあるかもしれませんが、とても貴重な時間だと思います。
想像力を豊かに、家族のことを思って。
西渕工務店一同、ご家族さまのよりよい家、心の和む家を目指して一生懸命励んでいきますので、よろしくお願いいたします。
誠におめでとうございました!