トップページ>>施工中物件>>潮風薫るぽっかぽかの我が家


10月吉日、今年は季節外れの台風も多く、お天気が心配されていましたが、台風一過、見事な秋晴れのさわやかな一日となりました。
『潮風薫るぽっかぽかの我が家』の建前が始まります。
前日までに敷いておいた土台には、工場にて穴が掘られています。
逆に柱にはそれに合うような凸状の加工がされています。
土台に柱を落とし入れていき、その上に同じ原理で胴差を納めていきます。
家の角には通し柱という二階までを貫く柱が立っており、そこにはたくさんの方向から胴差が差し付けられますので、みんなで息を合わせて作業をしていく必要があります。
一階の梁が納まり、その上に二階の柱が立てられました。
レッカーが梁や桁などを持ち上げて、大工さんが受け取ります。
軒桁を納めているところ。
巾12㎝の木材の上を地下足袋を履いた大工さんが自由に歩き回り、掛矢を振ります。
一発でものすごい衝撃です。

無事、棟が納められました。

少しずつ進んでいたように思える工事ですが、上棟の日は一日で軸組が現れ、今まで紙面で思い描いていた家が姿を現します。
古来より上棟はたいへんおめでたい日なのです。
お施主様ご家族様、たくさんのお心遣い誠にありがとうございました。
これから現場は完成に向け、どんどんと進みます!