トップページ>>施工中物件>>城廻の家
 


事前に発注された薫煙乾燥の木材が西渕工務店の作業場に搬入されました。

大工のさとちゃんが墨付を行い、木材を加工しています。

木材の刻みが終わり、いよいよ『城廻りの家』の上棟が開始されました。

まずは前日に敷いた桧の土台の上に柱が建てられ、梁を組んでいきます。

柱も次々と並べられ、順番に立てられていきます。

『城廻の家』は土壁を採用しています。
柱と梁を繋ぐ前に、3本の貫を柱に通しておきます。
この貫によって、建物が地震力や風圧力を柔軟に吸収してくれる構造体になります。

構造材の仕口は大工の手刻みによる加工。
金具を使用しない分、手間はかかりますが、金具の緩みや結露もありません。

レッカーは丸協重機さん。
梁、桁は大きいものが多いので、レッカーさんが居ないと大変です・・・

胴差同士も、しっかりと組まれます。

柱はほぼ立て終わり、みんなで梁を架けていきます。

みんなで息を揃えて掛矢をたたきます。

お昼頃には軸組みが完成しました。

午後より小屋組み、屋根仕舞いを開始しました。
下で隆兄と永っちゃんが束と甲乙を組んでいます。

そしてそのままレッカーで吊り上げ・・・

次々とカズシさんと福ちゃんが納めていきます。

下屋根の棟木は大工さんみんなで納めました。

ヒロが堅木の栓を一本一本、丁寧に打っていきます。

しっかりと組まれた梁。

上棟も終盤にさしかかり、棟納めを施主様にお願いしました。
竹ちゃんが棟束をお神酒で清めています。

施主様に高い所へ上がっていただき、棟納めをしていただきました。
ホゾがちょっと固めで、施主様にも本気でたたいていただいております・・・ 

少し汗をかいていただいた所で、記念撮影! 

この後、垂木を打ち、本日の上棟が無事、終了しました。 

少し暗くなりましたが、上棟式を行いました。 

本日は本当におめでとうございました。
スタッフ一同、心よりお祝い申し上げます。