トップページ>>施工中物件>>潮の香る懐かしい家
 


1月吉日の朝、松山市和気町にて建前が行われました。

柱材が次々とクレーンで運ばれていきます。

柱を建て終えると梁や桁材を柱に組んでいきます。

最後の丸太梁を運んでいる様子。

あらかた組み立てられた、小屋組み部分(甲乙材)をクレーンで運んでいます。

掛矢で納めていきます。

その下では、大工の永田さんがボルトで梁を締めているところでした。

目線を上へ戻すと…母屋が大工さんたちの手によって納められていました。

そして束が建てられ、いよいよ建前も終盤へ。

棟が上がり、施主様に棟を掛矢で納めて頂きました。

棟が納まった後は、屋根仕舞いへと進んでいきます。

垂木を均等に置いていき、仮止めを打っているところ。

垂木の間隔をスケールで確かめているところです。

本日の屋根仕舞いは垂木を敷いたところで終わりに。この後、暗くなる前に上棟式が行われました.

施主様の奥様やお子様も礼拝を行いました。

棟梁の辰っちゃんが礼拝をし…

そして皆で祝杯をし、無事この日の建前、上棟式が終わりました。

最後に施主様方と大工さん、スタッフで記念撮影を行いました。