トップページ>>施工中物件>>環の家
 


前日までの天気予報では、雨が降りそうな感じでしたが、しかし、朝には、曇り空ながら天候の方は回復に向かっていました。

まずは、施主様と大工さんが挨拶を行い、お神酒で乾杯を行いました。

前日までには、足場が組まれ、材料も搬入されており、棟梁・福ちゃんを中心に大工さんたちは、材料を組み始めました。

木材加工場にて、大工さんたちが刻み込んだ材料を自分たちの手でしっかりと組み込んでいきます。

基本ユニットとなる隅部には、一階と二階をしっかりと繋げる通し柱が立てられていき、そこに胴差が差し込まれます。

玄関部は予め、組んでおき、柱の足元を土台に落とし込みます。更に、それを通し柱と通し柱に差付ける事で、胴差で押さえられるように組み込まれます。

化粧材は、大工さんによって、材料が入っていくと、締め付けられるように細工がしてあり、、また、仕口を落とし込む際に、傷が付きやすいので、松っちゃんが仕口の両端を金槌で丁寧に叩いています。

化粧材で無い部分は仕口部分は、仕口加工機で加工されているということで、寸法もきっちりしており、掛矢で叩き込まれます。

二階は、家全体が見栄えの良くなるようバランスを保つため、、また、周辺の家の日当り・風当たりを配慮して、通常の家より高さを抑えているのですが、内部は、圧迫感を感じないよう、また、勾配天井として、広がりを感じさせています。

二階部が組み上がり、続いて、平屋部を組んでいきますが、基本ユニットには、差付け、栓打ちにて、しっかりと一体化されます。

大空間の平屋部になるということで、木組みの工夫だけではなく、壁面にも貫材入れに栓打ちを行い、更に強度を高めます。

傷が付かないよう、きれいに養生された大黒柱が吊り上げられました。

平屋部の大空間を支える大黒柱に両端より梁材が差しつけられました。

この梁材を差し込む間は、大黒柱を浮かされており、梁材が差し込まれると、梁材を桁材へ咬み込ませ、大黒柱は、土台へと梁材と同時に落としこまれます。

更に、この大黒柱を押さえ込むように、大きく、長い棟木が咬み込まされます。

平屋部の大空間の上部に多くの水平の梁を架けてしまうと広がりがなくなることもあり、登り梁が採用されます。

また、要所には、強度を持たせることとなる、渡りアゴにて梁が組み込まれます。

東西に伸びる棟木に登り梁が順番に掛けられていきます。

木組みが仕上がる最後の工事として、施主様も建物のてっぺんに上がり、大工さんと共に、掛矢を持って、棟木納めを行っていただきました。

順に、垂木打ちが行われ、夕方頃には、上棟式が行われました。 

一生に幾度も無い家造り。 住む人の『思い』が『形』に変わろうとし始めた上棟という日が、無事、終わりました。