トップページ>>施工中物件>>ウッドデッキから家族が出迎える家
 


当日までには足場が架けられ、レッカーが早朝にすえられ、安心安全に作業が行えるよう準備を行います。

施主様と大工さんの顔合わせ、そして挨拶をして、建前に取り掛かります。

前日敷かれた土台の穴に柱を1本1本差し込んでいきます。掛け声と木をたたく音がこだましていました。

1階の柱を全て立て終わると、胴差や梁が組まれていきます。化粧部分が多いため、宛て材を用い、傷がつかないように、確実に組み合わせていきます。

この段階では、補強金具は、まだ使うことなく、アリ仕口や栓などによって、しっかりと組み合わさります。

建物外部では、材料の段取りを行っております。上部下部の職人達の連携により、順調に作業は進んでいきました。

1階が組み終わると、2階の柱を立てていきます。2階は1階より危険なので、大工さんもここから、さらに慎重になります。

2階部の柱を立て終わると、小屋の材料が、組み合わさっていきます。丸太と丸太ががっちりと合わさるシーンは、まさに今日の建前の一番の醍醐味ですね。 

甲乙という材料を組んでいきます。この段階になると、ようやく全体の家の形が見えてきます。 

さあ、母屋を組み合わせ、棟を上げる準備です。 しかし、その前に・・・。 

この住宅の顔とも言えるウッドデッキを組まなくてはなりません。ちなみに、合成写真ではありません。ウッドデッキをくみたててから、レッカーで吊り上げているのです。 

いよいよ棟納めです。施主様に上がっていただき、棟を納めて頂きます。 

最後に施主様と大工さん、社長も一緒に、建物をバックに記念撮影をしました。
お疲れ様でした。