トップページ>>施工中物件>>悠々閑々の家


前日まで雨続きの天候でしたが、建前当日の朝には、冬の寒さを感じながらも太陽の 光の覗わせる天気となりました。

まずは、大工の松っちゃんが現場内の四方八方に塩を撒いていき、安全に工事が進んでいくよう現場や材料を清めていきました。

施主様と大工さんたちの顔合わせのご挨拶が終わり、お神酒を使い、威勢よく、声高々に乾杯が行われました。

単独の管柱が立てられていくと、玄関部の厚鴨居が差し付けられた二本の管柱がレッカーで吊り上げられ、納めていきます。

リビングの上部を南北に掛け渡る大きな杉の化粧梁材が同じく化粧の管柱材の頭部の ホソへ一斉に差し付けられました。

北側東西に延びる桁材を納める際には、追っ掛け継ぎのメン(女)材の方が先に納められ、続いて、オン(男)材の方を落とし込んでいきます。

また、落とし込まれる部分には、大きな化粧梁材の木口が敷き込まれるようなスケアリとなっており、その下の管柱が荷重を受ける重要な役割となるよう、職人さんの“技”が詰まっています。

丁寧に墨付けに刻み込まれた化粧材がレッ カーで吊り上げられる際には、バンドが締められて荷が掛かる部分には、傷が付かぬよう養生がされています。

横架材を納めていく際には材の双方で掛矢で同時に叩き込みながら、出来るだけ材を水平として、掛け声を合わせ叩き納められていきました。

大きな大黒柱をレッカーで納める際には、大工さんが数人集まり、抱え込むようにして、より慎重に大きなホソを大きな穴へと納めていました。

梁や桁といった横架材が組み上がると小屋組みの甲乙材を納め、樫の木栓を叩き込むことで頑丈な構造躯体を形成していきます。

南北に延びる母屋は、しりばさみ継ぎにて一本の材とされ、レッカーで吊り上げられると、大工さんたちによって一斉に納められました。

渡りアゴによって小屋組み材と母屋材が咬ま される部分は、えぐれないよう金槌で叩いて、やや凹ましてから納めました。

双方の桁材が予め、内側に反るよう考えられていることもあり、桁材を押し開けながら、頭繋ぎ材兼引き戸の厚鴨居となる 材料を丁寧に納めています。

棟木となる材は、高さが300mm程ある大きなも ので、二本の材が斜めに削がれた コミ栓を叩き込む「しりばさみ継ぎ」によってしっかりと継がれていきます。

土庇の桁材も予め、加工場で切り組み、一度 は継がれて、上下、横面の目違い(≒段 差)は、カンナを使い削られていることもあり、綺麗に納められることとなるのですが、ここでも継がれてから上下の段 差の確認をしていきます。

大工さんの技術によって二本の材が一本に継ぎ込まれた太く、長い棟木が、決して崩れることなくレッカーに吊られ運ばれていきました。

天辺には、大工の松っちゃんも上がり、厚い木の足場板を敷き込み、安全に作業が行えるよう段取りがされていきました。

そして、上棟の際には、お施主様とお父さんにも上がっていただき、大工さんと共に掛矢を使い、声を合わせ、棟木を納めていただきました。

この家づくりは、小さな“ご縁”から始まりました。
この小さな “ご縁”から生まれた関係が、これから大きくなっていくことでしょう。
“住まい手”と“作 り手”が気持ちを一つとして、ひとつずつ家づくりを大切に進めていくことで、間違い無く『心の和む家』へと近づいていくのかもしれません。