リフォームについて

西渕工務店は新築住宅だけではなく、リフォームも得意としています。
リフォ―ムの流れは、現地確認をさせていただきながらご要望や想いをヒアリングいたします。そのうえで現在の家の状態などを確認しながら、ご要望に対するご提案をさせていただきます。
お見積りも事前にご提示して、ご納得いただけましたらリフォームを実施します。

現地調査までに家の図面や確認申請書類などがある場合はご用意していただくとスムーズに進みます。

自然素材を仕上げに!

住み慣れた家の内装材を変えて気分を新たにしたり、自然素材や無垢の木材を使うことで住み心地のよい癒しの空間を得ることが可能です。たとえば、床を桧の無垢フローリングにする、壁を漆喰仕上げにするなど、自然素材を使えば、その心地よさはひとしおです。また、愛媛県産の木材を使ったリフォームに関しては、愛媛県より「住宅等リフォーム木材利用促進事業」の助成金交付が適用される場合があります。

詳しい要綱はこちらから⇒愛媛県林材業振興会議ホームページ

外構施設(板塀)やウッドデッキにも摘要されます。

間取りを変えたい!

家族が増えた、子どもが成長してきたので部屋を仕切りたい、介護のために和室を洋室にしたい、二世帯住宅にしたい、リビングの場所を変えたい・・・。など、家族の成長、構成によってライフスタイルは変化していきます。その変化に応じて暮らし方が変化していくための間取りの変更もご相談ください。ご要望をお聞かせいただき、現在お住まいの家の柱や壁の構造を見ながら最善のご提案を行っています。木造住宅の場合は可変性を持っているため間取りを変えやすいのが特徴です。

間取り変更事例

  • □脱衣所が無いので脱衣スペースが欲しい!
  • □キッチンが独立しているのでLDKタイプにしたい!
  • □小屋裏収納への階段はスペースがもったいない!
  • □LDKと和室を繋げて広く使えるようにしたい!

お客様の想いをお聞かせいただき、構造なども調査した上で最善の変更案をご提案させていただきます。

耐震性を高めたい!

愛媛でも、近々起こるであろうと言われている「南海トラフ大地震」。住宅の耐震性にも注目が集まるようになりました。建築基準法の構造規定は1950(昭和25)年に制定され、その後、2回の大改正が行われてきました。1981(昭和56)年の改正では、必要な耐力壁の量・倍率が見直され、耐震性が大きく向上しました。次の2000(平成12)年の改正では、柱頭柱脚・筋交いの接合部、耐力壁の配置、基礎など、それまで施工者に任されていた具体的な仕様が明確に規定されました。現在は、昭和56年より前に建てられた「木造」の建物について耐震化の促進を行っており、診断・設計・工事の金額について市町より助成金が受けられるようになっています。助成金に関する詳しい内容は、西渕工務店か、各市町村の耐震化窓口へお問い合わせください。

耐震等級1(数百年に一度程度発生する地震(震度6~7)に対しても倒壊や崩壊しない、数十年に一度発生する地震(震度5程度)に住宅が損傷しない)以上を目指し、命を守るために行う工事です。

暑さ・寒さを和らげたい!

今、注目されているのが「省エネリフォーム」です。二酸化炭素の排出量を減らし、地球温暖化にストップをかけることが全世界での目標とされている昨今、各家庭でも省エネ性能を高め、少ないエネルギーで冷暖房の効率を上げるという考え方が必要になってきました。冷暖房効率が上がれば、その分冷暖房時のCO2排出量を減らすことができますので、国からの補助や減税措置が多くあります。

外壁部分や床下、屋根裏などに断熱材を入れたり、サッシを単板ガラスから複層ガラスへ取り換えたりするリフォームなどはこの省エネリフォームになってきます。

今後は、中古住宅の売買において指標とされることとなっており、国が最も力を入れているといっても過言ではありません。

バリアフリーにしたい!

家の中の段差を解消したり、手摺りを取り付けたり、和式トイレを様式トイレに取り換えるなど、住み慣れた我が家の使い勝手をより良くするためのリフォームです。バリアフリーリフォームは、介護が必要な方にはもちろん、自立した生活を送れる方にとっても利便性を上げたりするなど、健康な生活を送るために行うことでも注目されています。

リフォームのポイントは、使う人によって手摺りが必要な高さや場所が変わることや、そこに暮らしている家族構成などによっても実施すべき工事は変わっていくという点です。

西渕工務店では現地調査もしっかり行い、適切な方法をご提案させていただきます。要介護認定もしくは要支援認定を受けられた方におきましては、介護保険におきまして住宅改修助成金上限18万円までの支給が受けられますので、ケアマネージャーさんにご相談の上ご連絡ください。

とにかく修繕したい!

リフォームの目的は様々ですが、「古くなってしまったから」「壊れたので急いでリフォームしたい」というリフォームは一番多いご要望です。雨漏りや屋根の補修、外壁の塗装、古くなった水栓の取替、棚板の取り付けなどのリフォームも承っておりますので、まずはご相談ください。


TOP